主な肛門疾患

肛門イメージ図

痔核(じかく)

  • 肛門に出来た静脈のかたまりで、イボ痔とも言われます。直腸と肛門の境界線を歯状線といいますが、この歯状線より内側に出来たものを内痔核、外側のものを外痔核といいます。
  • 主な症状は、痔核の進行段階により異なりますが、出血と脱出と痛みです。
  • 急に腫れと痛みが生じる血栓性外痔核や、痔核が肛門外へ脱出し締め付けられてもとに戻らなくなり、激しい痛みを発生する嵌頓痔核(かんとんじかく)もあります。

肛囲膿瘍(こういのうよう)

  • 肛門の内側から細菌等が進入して発生し、肛門の周囲に膿が溜まった状態で、腫れと痛みが強く熱が出ることもあります。

痔瘻(じろう)

  • 肛囲膿瘍が慢性化し膿の管が出来た状態をいい、膿の排出や痛みを伴います。肛門の近くに膿の管が出来、外部に膿が出たり、膿の管が複数出来て複雑化するため、早期の治療が大切です。

※長期間放置すると、痔瘻癌になる場合があります。

リストにもどる

肛門小窩炎(こうもんしょうかえん)

  • 肛門と直腸の境の、歯状線のくぼみがふかくなり、そこに炎症が生じたもので、重苦しい痛みが続きます。

裂肛(れっこう)

  • 肛門の一部に傷が出来た状態で、切れ痔とも言われます。排便時や排便後、痛みと出血があります。

皮膚痔(ひふじ)

  • 何らかの原因で肛門の皮膚が腫れ、腫れが治まったときに出来る皮膚の弛みです。

リストにもどる

肛門ポリープ

  • 肛門と直腸の境に出来るイボのことです。多くは裂肛が原因で生じます。大きくなると、脱出し痛みも伴います。

肛門狭窄(こうもんきょうさく)

  • 肛門が裂肛等の原因で狭くなった状態をいいます。便が細くなったり、出にくくなったりします。

肛門湿疹(こうもんしっしん)

  • 肛門周囲の皮膚に炎症が生じた状態で、かゆみや痛みを伴います。真菌症の場合もあり、慢性化するものもあります。適切な治療が必要となります。

リストにもどる

括約不全(かつやくふぜん)

  • 肛門を締める筋肉の働きが悪くなった(緩くなった)状態で、便もれ・ガスもれ等の症状がみられます。

直腸粘膜脱(ちょくちょうねんまくだつ)

  • 直腸の粘膜が肛門外に脱出する様になったもので、粘液が出たり出血したりします。

直腸脱(ちょくちょうだつ)

  • 直腸が肛門より脱出する状態となったもので、直腸をささえる組織がふるくなって発生します。

リストにもどる

直腸膣壁弛緩症(ちょくちょうちつへきちかんしょう)

  • 直腸と膣との壁に出来た袋が膣側に突出して、便秘になり易くなります。

尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)

  • ウィルスの感染により、肛門の周囲や内部に小さなイボが発生します。早めの治療が必要です。

乳児痔瘻(にゅうじじろう)

  • 乳児期(男児)に発見される痔瘻で、膿が溜まり腫れや痛みを伴います。

リストにもどる