主な大腸疾患

大腸のイメージ図

大腸ポリープ

  • 大腸に出来たイボ状のかたまりを、ポリープといいます。
  • ポリープが2個以上出来たものを、ポリープスといいます。
  • 多数のポリープが出来た状態をポリポージスといい、家族的・遺伝的なものもあります。

※ポリープの中には大きくなってガン化するものもあります。大腸癌予防のため早期に発見し、切除することが大切です。

大腸腫瘍(だいちょうしゅよう)

  • 大腸に出来たもので、良性のものと悪性のものがあります。癌の場合、多くは腺腫というポリープから発生するとされ、初期の段階では無症状であり、多くの場合検査にて発見されます。

※腫瘍が大きくなると、肛門からの出血が主な症状となります。痔の病気と間違われることも多く注意を要します。

大腸過敏症(だいちょうかびんしょう)

  • ストレスや食生活の乱れ等から発生する病気で、大腸のけいれんの為、腹痛・便秘・下痢・腹部不快感等の症状がおこりなかなか改善しません。

※早期に専門的な治療をすることが大切です。

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)

  • 大腸の緊張が高くなり(収縮が強くなり)、腸壁の薄くて弱い部分に、腸の外側に向けて凸状の袋(憩室)が出来る病気です。症状は大腸過敏症に似ています。

※激しい腹痛や多量の出血・憩室に穴があき、腹膜炎になることがあります。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

  • 大腸の粘膜に潰瘍が発生する病気です。そのため血液の混じった下痢が特徴的な症状です。

※潰瘍が慢性的に経過することが多く、原因は不明であり、治り難く難病に指定されています。

リストにもどる

クローン病

  • 原因不明の腸炎の一つで、口腔内から肛門にいたるまで、広い範囲の消化管に炎症が見られる病気です。
  • 主に小腸と大腸に炎症がおこりやすく、特徴としては10代〜20代にかけて若い年代で発生することが多く再発・再燃を繰り返します。

※主な症状として腹痛・下痢・体重減少・発熱等があります。肛門に治り難い痔ろうが発生し、その診断治療により、クローン病が発見されることもあります。発生原因は不明であり、難病に指定されています。

その他の大腸炎

  • 大腸炎は多くの原因で発生します。細菌性のもの・薬剤性のもの・アレルギー性のもの等があります。
  • また、腸を働かせる血管の血の巡りが悪くなり発生する、虚血性大腸炎もあります。
  • 腹痛・下痢・出血等が主な症状で、多くの場合治療により1週間ほどで治ります。

※検査により、原因を確定することが大切です。

排便障害・便秘(はいべんしょうがい・べんぴ)

  • 排便障害とは、便が出にくくなった状態をいいますが、食生活や生活習慣の乱れ等、様々な原因で発生します。
  • また、便秘の原因の中には様々な大腸の病気がかくれていることがあります。

※検査により、原因を確定することが大切です。慢性化した便秘は日常生活に支障をもたらしますので、早めに治療することが大切です。

リストにもどる