胃・十二指腸内視鏡検査

食道、胃、十二指腸の病気がないかどうか内視鏡を用いて調べます。

胃・十二指腸内視鏡検査の日程

来院前
  • 検査前日の午後9時以降から検査当日の朝まで絶飲食となります。水・お茶はコップ1〜2杯程度は飲まれても結構です。(牛乳・ジュース・コーヒー・紅茶)などは飲まないで下さい。
  • お薬も服用しないで下さい。
  • 糖尿病でインスリン注射をしておられる方は、注射しないで来院下さい。
前処置
  • 胃の粘液(泡)を消すためのシロップを少量飲みます。
  • のどの麻酔をします。麻酔の液を含んだり、のどの奥の方にスプレーをかけたりします。
  • 義歯の方は、義歯をはずしていただきます。
  • のどが十分にしびれた感じになりましたら、検査5分前に鎮静剤(胃の動きを抑える)を静脈注射をします。
    ※心臓の悪い方、緑内障、前立腺肥大、薬物アレルギーの方は注射をしません。
検査開始
  • 口から内視鏡を通し、胃の内部を調べていきます。
  • 詳しく観察、診断するために、場合によっては色素(青い液)をかけたり、生検(粘膜からごく小さい組織をつまむこと)を行うことがあります。
検査終了後
  • のどの麻酔がとれるまでは、飲食はできません。1時間過ぎて水を一口飲んでむせなければ、水分をとることができます。2時間を過ぎると食事もとれます。
  • 検査前の注射で、一時的にのどが渇いたり、目がチラチラしたり尿が出にくい事がありますが、注射の影響ですので心配ありません。
  • 鎮静剤の注射をした方は、1時間ほどお休みいただいてから帰っていただきます。
  • 当日はアルコールや刺激物は避け、おかゆ、パン、めん類など消化の良いものを食べて下さい。

検査の方法

のどに麻酔をかけた後、直接口から内視鏡で、胃・十二指腸の内部を調べる検査です。検査時間は約10分から20分位です。 カメラを飲み込むのが苦手な方でも、細い管のカメラで楽に検査が出来るようになりました。希望される方には完全に眠った状態で検査をします。

検査に際しての注意事項

  • 注射の影響(眼の調節障害やねむけなど)が数時間残ることがありますので、ご自分で車を運転しないで下さい。
  • 心臓病、緑内障、肝臓病、前立腺肥大、脳梗塞、腎臓病、糖尿病、喘息などがある方は、検査前にお申し出下さい。

検査の費用(本人負担金)

検査の内容 負担割合 負担額
内視鏡精密検査
(全く異常を認めない場合)
老人1割
3,000円前後
3割
8,000円前後
内視鏡精密検査 + 病理検査
(炎症・潰瘍等があり、病理検査が必要な場合)
老人1割
5,000円前後
3割
10,000円前後
内視鏡精密検査 + 病理検査
+ 内視鏡的ポリープ切除術
老人1割
10,000円前後
3割
20,000円前後

胃・十二指腸内視鏡検査