全結腸内視鏡精密検査

全結腸内視鏡精密検査大腸全体を直接内視鏡(カメラ)で観察し、大腸ガン、ポリープや炎症などの病気がないかを調べます。また、ポリープなどが見つかった場合は、内視鏡を使ってポリープをとることもできます。

全結腸内視鏡精密検査の日程

検査当日 検査当日は朝食をとらないで下さい。
水・お茶はコップ1〜2杯程度はとられても結構です。
9:30〜 大腸をきれいにするために下剤(2〜3リットル)を時間をかけて飲んで頂きます。
12:30〜 腸が完全にきれいになったら、点滴を開始します。
13:30〜 検査前に軽い麻酔をします。通常は完全に眠った状態で検査します。
検査開始。検査時間は、約30〜60分位です。
15:00〜 検査終了後 点滴・安静休養
麻酔が残っていますので、ゆっくりと休んでいただきます。

※腸内の残渣などが出てしまうのに、個人差がありますので上記時間は、だいたいの目安となります。

検査の方法

腸の中をきれいにするために、午前中に下剤を飲んで頂き、午後からの検査となります。腸がきれいになったら、肛門から内視鏡を入れて大腸全体を見ていきます。検査時間は約30分から1時間位です。(腸の長さ等の条件で、検査時間は多少異なります)

 

検査に際しての注意事項

  • 【検査前日について】お食事は、朝昼晩とられて結構ですが、アルコール・辛子などの刺激物・消化の悪いもの(わかめ等の海藻類・豆類など)は控えて下さい。
    水分は多めにとって下さい。
    午後8時にお薬を飲んで頂きます。(下剤の錠剤と水薬10cc)
  • 【現在服用中の薬について】高血圧・心臓病の方(必ず飲んで下さい)糖尿病の方(飲まずにご持参下さい)
  • 【現在服用中の薬について】抗血小板剤など血液をサラサラにする薬を服用されている場合には検査前に休薬していただく場合もありますのでご相談ください。
  • 【既往症について】楽に検査が出来るように、注射などをする場合もありますので、心臓の悪い方、高血圧や緑内障、前立腺肥大などがある方は申し出て下さい。
  • 【検査当日の送迎について】検査当日は、朝から夕方までかかります。麻酔の関係で帰宅時の運転はできませんので、当日の送迎についてあらかじめご家族の方と、打ち合わせをしておいてください。(注射などの影響で、頭がふらつく事があります。ポリープ切除後は運転などにより粘膜に炎症を起こすことがあります。)
  • 【ポリープの切除について】検査の際、ポリープがあった場合は、ポリープ切除術を行います。
  • 【入院手術について】ポリープの大きさや数が多い場合など、医師の判断で入院のうえ切除を行う場合もあります。

検査の費用(本人負担金)

検査の内容 負担割合 負担額
内視鏡精密検査
(腸内に全く異常を認めない場合)
老人1割
5,000円前後
3割
15,000円前後
内視鏡精密検査 + 病理検査
(炎症・潰瘍等があり、病理検査が必要な場合)
老人1割
8,000円前後
3割
20,000円前後
内視鏡精密検査 + 病理検査
+ 内視鏡的ポリープ切除術
老人1割
10,000円前後
3割
30,000円前後

※病理検査の結果は、検査日の7〜10日後となります。